ご注文3,500円以上で、国内送料無料!

夏といえばコレ!ONIBUS COFFEE自家製レモンスカッシュ!〜暑い夏を乗り切る必須ドリンク!?〜

夏といえばコレ!ONIBUS COFFEE自家製レモンスカッシュ!〜暑い夏を乗り切る必須ドリンク!?〜

夏本番。連日の猛暑日で、外へ出るのも億劫な日が続いておりますね、、、。

この時期ONIBUS COFFEE各店舗で大人気の『レモンスカッシュ』。今や毎年恒例となってきており、既にお飲みいただいている方もいらっしゃるかと思います。

今回の記事は、こだわりがたっぷり詰まった自家製レモンスカッシュについての内容です。

始めにお伝えしておきますが、レモンスカッシュは”夏季限定”・各店舗”無くなり次第終了”となりますので、この記事を読んで気になった方は、お早めに飲みにいらしてくださいね!!

 

レモンのこと

レモンのこと

自家製レモンスカッシュの主役であるレモンは、国内におけるレモンの生産量日本一である広島県産のものを使用しています。レモンといえば広島!と真っ先に思い浮かぶ方もいるのでは。

四国と本州に挟まれた瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(おおさきしもじま)という、果樹栽培や漁業が盛んな島の恵まれた気候の中ですくすく育った個性豊かなレモンです。

生産者の国広卓也さんにより、無農薬・無肥料の自然栽培を大切にし丹精込めて育てられたレモンは、皮まで安心して食べられます。

国広さんは、「国広自然栽培農園」を営む張本人。今から5年ほど前にサラリーマンを経て親から農園を引き継いだ時、どうせなら人があまりやっていないことをしたい、お客さまにとって安心なものを届けたいと考え、様々な出会いや勉強を経て、”無農薬・無肥料”の自然栽培にたどり着いたのだそう。

そんな国広さんが真摯に向き合ってきたからこその最高のレモンを使用しています。 

 

青果ミコト屋

青果ミコト屋

このレモンを仕入れ、私たちへ届けてくれたのが、青果ミコト屋です。青果ミコト屋は、自然栽培を中心とした、旬のおいしくて栄養満点なお野菜をたくさん取り扱っています。

”旅する八百屋”というキャッチフレーズをもつ青果ミコト屋はその名の通り、元々は実店舗がなく、全国の農家さんを訪ね自分たちの目や感覚をもとに野菜と向き合い、吟味・セレクトし、宅配やイベント出店をしたりするチーム。

現在は横浜市内に「Mikotoya House」という名の実店舗を構え、店頭でのお野菜の購入も可能になりました。

そしてMikotoya Houseでは、食べるには全く問題がなくても規格外や時間の経過で市場価値の下がってしまった食材を使いアップサイクルした、クラフトアイスクリームを作っています。

実は、オニバスのエスプレッソを使用したアイスクリームも、ミコト屋さんがオリジナルで作ってくれているのです。このアイスクリームは、「Mikotoya House」店頭で食べられますよ!

 

オニバス秘伝のレモンシロップ

オニバス秘伝のレモンシロップさて、ここまでレモンや青果ミコト屋さんの紹介をしてきましたが、本題に移りましょう。

冒頭でもお伝えした通り、各店舗で提供中のレモンスカッシュは、自家製でシロップを作っています。

6月上旬に、大量のレモンが納品されるやいなや、各店舗ですぐさまシロップの仕込みに取り掛かりました。店舗によって数量は異なりますが、今年は量の多い店舗で約40kg分のレモンを仕込みました。ありがたいことにリピーターさんが毎年たくさんいらっしゃり、仕込み量も年々増量中!

普段コーヒーの香りで溢れている店内が、レモンシロップの仕込みを行う時に限り、レモンの爽やかな香りで満たされるひとときでもあります。仕込み中に来店されたお客様もその香りに気づき、シロップの出来上がりを待ち遠しくされている方も見受けられました。

レモンシロップ材料

レモンシロップ材料このレモンシロップは、スライスしたレモンを様々なスパイスで漬け込んでいます。

秘伝の、と言いつつレシピをちょっと公開しますね。材料さえ揃えば、ご自宅でも簡単に作れちゃいますよ!

以下が、レモンシロップに使用しているスパイス含め全材料です。

・レモン
・はちみつ
・きび砂糖
・カルダモン
・クローブ
・シナモン
・鷹の爪
・ブラックペッパー
・塩

材料の配合はというと、、、はちみつやスパイスの量、ちょっと上級編では発酵の進み具合によって味わいを変えることができます。カルダモンが効いた味がいいのか、シナモンのフレーパーがはっきりとした味がいいのか、ちょっとピリッとした刺激があった方がいいのか、、、など、好みのスパイスの配合で自分好みのレモンシロップが作れます。

オニバスのレモンシロップの味がどんな感じか気になる方は、ぜひ店頭で飲んでみてくださいねー!なので、配合に関してはここでは内緒にしておきますね。

 

スライスしたレモンにこれらの素材を全て混ぜ合わせたら少し揉み込み(揉みやすいジップロックで仕込むのがベスト!)冷蔵庫に入れるのではなく数日間常温に置きます。そうすることで液体が自然発酵し、トロッとしつつ少しピチピチと発酵した自家製シロップが出来上がります。(冷蔵状態だと発酵はそれほど進まず、サラサラと薄い味わいに。)

あとはお好みの量の炭酸で割って、『レモンスカッシュ』が完成!スライスしたレモンはシロップにしっかりと浸かっており、甘酸っぱくなっていてかなり美味しいです。しかも、先述の通り国広さんの無農薬レモンなので、丸ごと食べても安心です!

エスプレッソスカッシュ

エスプレッソスカッシュ

オニバス各店舗へ来たらぜひお試し頂きたいのが、『エスプレッソスカッシュ』です。

出来上がったレモンスカッシュに、エスプレッソを上から注ぎます。黄色と茶色のコントラスト、、、レモンとエスプレッソの相性が想像できない、、、。と思った方。是非一度、騙されたと思って試してみてくださいね!

エスプレッソはオニバスオリジナルのSTEP BLEND。浅煎りのフルーティなエスプレッソと、レモンの爽やかな甘酸っぱさの相性が意外にもバッチリです。ちなみに、奥沢店のエスプレッソスカッシュはONIBUS BLENDです。エスプレッソによる味の違いも比べてみたいですね!

 

さいごに

レモンスカッシュは、現在都内6店舗のONIBUS COFFEE・ABOUT LIFE COFFEE BREWERSにて絶賛販売中!(那須店では販売しておりませんのでご了承ください)

ですが、在庫に限りがあるもので、無くなり次第予告無く終了してしまう恐れもあります。気になる方はぜひ、お早めにいらしてくださいね〜。この猛暑の中なので、くれぐれも水分補給はしっかりと。オニバス各店へ到着したら、レモンスカッシュ・エスプレッソスカッシュで気分もスッキリすること間違いなしです!

まだまだ続く暑い夏、美味しいもの食べて・飲んで乗り切っていきましょう〜!

 

執筆者:小倉未紀